Simple Life Style

ふだんの暮らしをたいせつに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

石光寺

當麻寺ご近所のこじんまりした「石光寺」

IMGP0205.jpg

門をくぐろうとしたら
右に、すごい百日紅(さるすべり)の木

      IMGP0206.jpg

どうしても塀を乗り越えたいみたいやね~(笑)

中に入ってまず目にはいったのが
この不思議な砂山

IMGP0208.jpg

「想観の沙」(そうかんのすな)と言うそうで
「砂」を「沙」と書くのは、お釈迦様が沐浴されたガンジス河の沙に例えているからとか

手前の「方形」は一見、強く、安定した形に見えますが崩れやすく角が欠けやすいもので
現実の世界や私たちの姿をあらわし
奥の「円形」は柔軟にすべてのことに対応できる知恵の姿として
覚りの世界及び仏を意味しているそう

説明を読むまで「花の植え替えの途中?」と思っていたので
私の教養のほどがわかりますね・・・

そして中将姫の像

      IMGP0212.jpg

聖武天皇の御代で右大臣藤原豊成の娘が「中将姫」
5歳で実母を亡くし継子いじめにあい
17歳で出家して當麻寺にこもられた可哀想な子ども時代なんですが
一生懸命念じているうちに霊感を得られ
蓮を集めてその茎から糸を撚りだし一夜のうちに阿弥陀浄土図を織り上げたと言う話

可哀想なだけの話と思っていたら
覚りをひらいたということで幸せになったからハッピーエンドの話らしい
よかった!よかった!

この像があるところにその頃、井戸があったようで
糸をここの井戸水で洗って傍の桜の木にかけて干したら
乾く頃には5色に染まったんだとか
それでこのお寺を「染め寺」ともいうんですね

伝説って語りつながれるたびに伝言ゲームのように少しずつ違ってくるんだろうけど
そういうことも感じながらのお寺めぐり・・・けっこうハマリます♡^^v
スポンサーサイト

 おでかけ

- 6 Comments

yuko  

私は當麻寺に行った時、石光寺は中に入らなかったので
中が見れてウレシイ♪
私もお寺って趣味じゃなかったんやけど
建物や空気に歴史(大の苦手ですが)やロマンを感じて
時間があるならショッピングに行くより
お寺めぐりに行きたいって思うように(^-^)
年寄りみたい!?苦笑

2011/10/23 (Sun) 13:00 | REPLY |   

ななせ  

さるすべりの木…すごいね~^^;
なんか動物のようだわ(笑)

以前、二上山ふるさと公園に行って
当麻寺辺りも散策したことがあります。

当麻寺駅前で食べた中将餅…だっけ
美味しかった~♪
(記憶に残ってるのはそれだけ、か?笑)

2011/10/23 (Sun) 19:28 | EDIT | REPLY |   

LoveAsian  

yukoちゃん、コメントありがとう^^

ロマン・・・確かに感じます!
お寺めぐりに開眼したのかも^^
しかし年寄りのくくりはダメですよ~^^;
お寺ガール・・・ならイイかも!(笑)

やっと風景が撮れてうれしい!
しかし逆行に悩まされた・・・
やはりイイ時間ってあるのかしら?

これからも精進しましょ!^^v

2011/10/23 (Sun) 20:29 | EDIT | REPLY |   

LoveAsian  

ななせさん、コメントありがとう^^

そう、そう、中将餅が駅前にあります!
食べ物の記憶が一番確かかも(笑)
おいしいものがないとこの記憶は確かにないわ!(笑)

二上山の方の検索行ってみます^^
ななせさんのように
イイ写真とれるようになってみたいわ^^v

2011/10/23 (Sun) 20:36 | EDIT | REPLY |   

しるきゃむ  

場所・・・奈良だったんですね。
記事をさかのぼって読み進めていったらわかりました。(苦笑)
お寺めぐり好きな方なので行った気になれて楽しませていただきました♪
奈良は中学の修学旅行の時に行ったきりなので (何十年前だもんで)
大仏様と鹿を見たことしか覚えてないです。奈良の方に失礼ですね。もぉ教養なさ過ぎっ(笑)

2011/10/24 (Mon) 16:35 | REPLY |   

LoveAsian  

しるちゃん、コメントありがとう^^

関西にいてもおんなじよ^^
奈良、京都ってそう行ってないの
特にお寺めぐりって感心がなくて・・・
しかし、これからはちょっとイイかも~^^

しるちゃんが来る時のために
勉強しときます(笑)^^v

2011/10/24 (Mon) 19:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。