Simple Life Style

ふだんの暮らしをたいせつに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

當麻寺(当麻寺)

お寺が好きというわけではないけれど
先日は誘われて
近道で奈良県葛城市の「當麻寺」(たいまでら)に^^

残念ながら仁王門は工事中
ブルーシートの隙間から見えんかとのぞいたら
中で作業されてる方がお昼寝中・・・失礼しました!

そこをくぐり抜ければ最初に目にするのが日本最古の「梵鐘」(釣り鐘)

IMGP0200.jpg IMGP0185.jpg<br />

その奥の左が役行者(えんのぎょうじゃ)により開かれた道場「中之坊」

IMGP0186.jpg

藤原家の郎女・中将姫さまが髪を剃り落し尼僧になられたお堂で
大和屈指の名園や丸窓の茶室やぼたん園(4~5月が見頃)があり
写経や写仏を経験することができます

その奥には国宝の東塔が見えます

IMGP0189.jpg

そして當麻寺本来の中心のお堂「金堂」

      IMGP0194.jpg

當麻寺は白鳳時代(今から1300年以上前)に建立されたお寺
奈良時代の三重塔を東西で二基とも残す全国唯一の寺で
白鳳・天平様式の大伽藍を有し
「當麻曼荼羅(たいま・まんだら)を本尊とする「極楽浄土の霊場」

「當麻曼荼羅」とは中将姫さまが
写経の功徳で目にされた極楽浄土の光景を壮大な規模で再現されたもの
縦横4mの大きさがあって蓮の糸を用いて一晩で織ったと言う伝説があるけれど
実は絹糸が使われているよう

それが一番奥の本堂(曼荼羅堂)に祀られています

IMGP0191.jpg

しかし、この「中将姫さま」って小さい時かわいそうだったのね

IMGP0195.jpg IMGP0197.jpg

ここから訪れた「石光寺」でそのことを知ることになり
少々感傷的な気持ちになりました・・・そんな悲しい話はまた後日に・・・
スポンサーサイト

 おでかけ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。